新しい生活

なにより重要なことは管理です

中古マンションを購入する方が増加してきていますが、中古マンションを購入する際に注意するべき点はどこなのでしょうか。 不動産に携わる人の間では、マンションで何より重要な事は管理だということは常識です。マンションは管理を買えという言葉を、もしかすると聞いたことのある方もいらっしゃるかもしれません。それほどマンションにおいては管理が重要で、そのマンションの価値を左右するほどなのです。 マンションの清掃が行き届いているか、掲示板に貼られている掲示物は日付が新しいか、植栽はきちんと整えられているかなど、マンションを見学する際には必ず確認しておきましょう。

駅から徒歩10分以内のマンションが好ましいでしょう

中古マンションを購入する際には、管理以外にも注意を払わなければなりません。今後の日本はますます人口が減少することが確実です。そのため自治体によっては、コンパクトシティの構築を模索しているところもあります。また、空き家が増えてきているため、以前と比べると都市部に人が住みやすくなってもいます。そのためマンションの立地は、今後ますます重要になってくると予想されます。 これらのことに加え、高齢者が多くなることを考慮すると、おおよそ駅からの距離が徒歩10分以内のマンションが好ましいでしょう。駅からの距離が近ければ、住んでいる間も利便性が高まる上、もし売却することになったとしても、売りやすくまた値下がりも少ないと予想されます。長い目で見ると駅から近いマンションは資産としても魅力的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加