ローンを考える

まずは地域選びそして物件選び

一戸建てなりマンションなりマイホーム不動産はだれもが持ちたいと願うもので、住宅ローンを返済するために働いているといっても過言ではありません。マイホームを購入する時にまず地域選びからはじまります。現在賃貸物件に住んでいて長年住み慣れた町であればそこから不動産を選ぶこともありますし、憧れの閑静な高級住宅街から不動産を選ぶこともあります。自分が気になっている地域を下見してからその町に住みたいのかどうか判断することが必要です。その時にスーパーや学校、病院などの施設・環境も確認することが重要です。交通の便も含めてこれらを確認しておかないと住みはじめてから生活が不便に感じることになります。また自家用車を購入する必要があるのかの判断材料となります。

物件購入時に資金計画について

大半の人が住宅ローンを組んで不動産を購入することになります。頭金を準備してもローンで借りる額の方が多くなるため、ローン返済は長期に渡ります。そのため返済計画は非常に重要です。毎月の支払いとなるため返済額が多いと生活が苦しくなります。ローンを組んだ時に子供がいなくても、住宅購入後に子供が複数できるとそれだけお金が必要となるため注意が必要です。子供の養育費や教育費をおおよそでも試算しておいて仮に給料がそれほど上がらなくても無理のない支払となるよう計画しておくことがベストです。またできるだけ早く返済すると支払い利子は少なく抑えることができるので、繰り上げ返済することは重要です。繰り上げ返済を多数回行う予定の方は手数料0の住宅ローン商品を選ぶことも良いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加