real estate

TOPICS

新しい生活

一生に一度の買い物になるかもしれない夢のマイホーム。そのマイホームを手に入れる選択肢として中古マンションの購入があります。リノベーションをすることを前提に、中古マンションだけを購入の選択肢としている若い世代も多いです。

READ MORE

形態が異なる

個人が購入する不動産の代表例が、一戸建て住宅やマンションなどの集合住宅の一室です。 また、コーポラティブハウスのようにそこに住むことを決めた人たちが集まって、集合住宅を建設するといったケースもあります。

READ MORE

投資をしよう

解決策は必ずあります。大阪にある住宅ローン滞納を依頼する時に秘密厳守の場所に依頼するなら、ココがいいでしょう。

ミドルリスクミドルリターンの投資商品です

上場不動産投資信託はミドルリスクミドルリターンの運用に適しています。ここ最近は、平均分配金利回りは4%前後で推移しており、株式投資の平均配当利回りよりも高い水準です。運用対象が不動産であるため、資産価値が急落するということもなく、素人でもバランスシートの中身がわかりやすいです。証券会社に口座を保有していれば上場不動産投資信託を購入することができます。売買の仕方は株式と同様であり、買い注文もしくは売り注文を出して、売買が成立するのを待つだけとなります。当然、成行きの注文もできますし、指値での注文をすることもできます。実物不動産を売買するときのような契約書のやり取りや登記手続きは全く必要ありません。

初心者にも手掛けやすいです

取引できる銘柄は40を超えており、様々な種類があります。マンションやオフィスビルがポピュラーですが、商業施設や物流施設、ホテル、病院や有料介護施設など、その投資範囲をじわじわと広げています。どれか1つに特化している銘柄もあれば、1銘柄で様々な種類の不動産を保有しているものもあります。投資口価格が数万円から数十万円と比較的少額であることから、資産運用の初心者にも手掛けやすい投資商品ということができます。中古ワンルームマンションなどの実物不動産とは違い、同じ銘柄が何口も存在するので、どれか1つの銘柄を購入して、その銘柄を気に入ったのであれば、少しずつ買い増しをしていくという戦略を取ることもできます。

ローンを考える

一戸建てやマンションを購入した際は住宅ローンを支払わなければなりません。地域を選択した後に物件を選ぶことで、無理なくローンを支払うことが出来るでしょう。不動産屋と相談をすることが重要です。

READ MORE

効果的なポイント制度

も新築や増築など、住宅に手を加える際に発行される木材利用ポイントの制度が注目を集めています。これは住宅などの工事に木材を使用することでポイントを獲得でき、様々な商品と交換することができます。

READ MORE

このエントリーをはてなブックマークに追加